腰痛持ちの方向け|腰痛対策マットレスランキング

マットレス

「昔っから腰痛が治らない…」
「整体に行っても数日後にはまた痛い…」

毎日の生活の中で、このような悩みはありませんか?

腰痛対策と言うと、整体やグッズなど様々ですが、根本的な改善ができるのはマットレスと言われています。

しかし、腰痛対策に良いとされている高反発マットレスはどんなに安くても1万円以上はします

寝具類は何度も買い換える事が難しい為、どれが一番自分に合うか見極めるのは難しいですよね。

そこで今回は、腰痛持ちの方向けとして、実際に商品を試し腰痛が改善されるマットレスをランキング形式でまとめてみました。

関連:最高級羽毛布団の使い心地について

腰痛対策マットレスの評価基準について

まず初めに、腰痛対策マットレスのランキング基準についてですが、下記の5つの基準で評価しました。

①適度な反発力
②体圧分散
③寝姿勢
④収納性
⑤寝心地

寝具を選ぶ時に、人によっては重視するポイントが「寝心地」だったり「硬さ」だったりと違う場合があるので、評価のポイントとなる点について予めいくつか紹介しておきます。

適度な反発量力

人は寝ている際に、ずっと同じ体勢でいると特定の部分にのみ重みがかかり、筋肉が疲労したり、血液やリンパ液の循環が悪くなったりします。

これらを防ぐために、脳が体に指示を出し、寝返りを打つことによって、身体を圧迫から解放し、偏ってしまった血液循環を正常に戻し、肩や腰などの筋肉を休ませています

・長時間同じ姿勢だと疲労が蓄積

特定の部位に重みがかかり、筋肉が疲労したり血液やリンパ液の循環が悪い

・寝返りで腰への負担を分散

特定の部位を圧迫から解放し、片寄ってしまった血液循環を正常に戻し筋肉を休めてくれる

しかし、年齢を重ねると、身体の大きさや重さが変わらないのに筋肉が衰えていく為、寝返りが打ちにくくなります。

体圧分散

体圧分散とは、胸や腰にかかる負担を体全体に分散してくれるという事です。

この体圧分散がされていない寝具で寝ると胸や腰に、一晩中大きな負荷がかかり、本来であれば睡眠中に休ませる筋肉を十分に休ませることができません。

・硬すぎる場合

胸と腰に負担が掛かっており、筋肉を休ませる事ができていない。

体重から見るマットレス適正

一般的に体重が高反発・低反発を選ぶ基準になります。

・高反発→50kg以上
・低反発→50kg以下

寝姿勢

腰痛対策をする上で、正しい寝姿勢を保てる寝具を選ぶ事が重要です。

柔らかすぎる寝具を使用した場合

腰が沈むため、背骨のS字カーブが崩れてしまいます。腰が沈むと寝返りが打ちづらくなるため、体重が腰回りに集中して血行不良となります。

・仰向け時

重い部分が沈み込み、体が歪んだ状態

・寝返り時

東武と頭の回転速度が異なり、首や腰にねじれが生じる

収納性

床に直接敷く場合は、押し入れへの出し入れを行う必要がある為、重さを含めた収納性が重要になってきます。

収納性が悪かったり、重い寝具を選んでしまうと、毎日の出し入れの際に、腰に負担が掛かる恐れがあります。

また、寝具は、床やベッドに敷きっぱなしにすると湿気が溜まってカビの原因となる為、定期的に風通しの良い場所に立て掛け、湿気をよく乾燥させる必要があります。

寝心地

良質な睡眠をとる上で、自分に合った寝心地の寝具を選ぶ事は欠かせません。ただし、寝心地は、人それぞれ体型が違うように、寝具の最適な硬さや好みも違います。

その為、実際に2~3カ月使用してみないと自分に合うか分かりません

腰痛対策マットレスのおすすめランキングTOP8

【第8位】テンピュール

適度な反発力最下位体圧分散5位
収納性7位寝姿勢最下位
寝心地5位シングル
ダブル
¥19,800
¥29,800
60日間返金保証あり

最下位は、テンピュールです。

床や畳に直に敷く事が出来るコンパクトな「フトン」シリーズは体圧を分散させる特殊素材で、2層構造となっています。

低反発の特徴を備えつつも、柔らかすぎない素材感で、低反発マットレスにありがちな「寝姿勢の不安定」が生じにくいよう配慮されています

ここがイマイチ

下層に硬めの素材を使用していますが、体が沈み込んでしまうので、寝返りは打ちづらくおすすめできません

【第7位】雲のやすらぎプレミアム

適度な反発力7位体圧分散6位
収納性4位寝姿勢6位
寝心地最下位シングル
ダブル
¥39,800
¥59,800
30日間の返金保証

第7位は、雲のやすらぎプレミアムです。

厚さ17cmのボリューム感が特徴の雲のやすらぎプレミアムは、床や畳、ベッドの上に強いても問題はありません。

一般的にへたりやすさが問題となりがちなウレタンフォームですが、8万回の圧縮試験では復元率99.9%の結果が出ており、厚みの定価率はわずか0.1%の高品質素材であることが分かっています。

しかし、ウレタン素材のみの計測結果ですので、長年使用できるかどうかは信頼性に欠けるとこではありますね。

ここがイマイチな点

反発力・支えられている感覚が無く、沈み込んで寝返りが打てないのでは?と感じました。体が沈み込むので、一晩経たずとも数分横になっただけでも辛い

【第6位】トゥルースリーパー

適度な反発力5位体圧分散最下位
収納性5位寝姿勢5位
寝心地6位シングル
ダブル
¥34,800
¥38,800
39日間の返金保証

第6位は、トゥルースリーパーです。

トゥルースリーパー「cero」は、3つ折りにして収納することができます。

中の素材は6つのブロックを分けられるようになっており、それぞれのブロックを入れ替えて使うことが出来る為、ヘタリの偏りを抑えて、長期に渡って理想的な体圧分散を実感できる点が特徴です。

ここがイマイチ

7cmと厚みが薄い為、体圧分散が不十分という結果となりました。特に体重が重い方にはおすすめできません。

【第5位】オクタスプリング

適度な反発力5位体圧分散5位
収納性2位寝姿勢6位
寝心地6位シングル
ダブル
¥19,800
¥29,800
8日間の返金保証

第5位は、オクタスプリングです。

身体のパーツに合わせて、5段階の異なる硬さのウレタンフォーム製スプリングが配置されたオクタスプリングは、理想的な寝姿勢の維持に効果的です。

しかし、オクタスプリングは厚さ7cmほどの為、体重のある方がマットレス1枚で使用すると、底に付いた感じがする場合があると思います。

ここがおすすめ!

単体として使用した場合、体圧分散は不十分ですが、トッパーマットレスとして使用した場合、体重が軽い方であれば、十分に体圧分散されていました

ここがイマイチ

体重のある方がマットレス一枚で使用すると、底付き感があります

【第4位】ビブラート1

適度な反発力4位体圧分散3位
収納性最下位寝姿勢3位
寝心地2位シングル
セミダブル
¥225,500
¥280,500
3日間の返金保証

12/4からアウトレットセール中により、シングルサイズ225,500円が70%OFF64,454円で購入することが可能です!

いつ終了するか分からないので興味のある方はお早めに!

第4位は、ビブラート1です。

3層から作られているマットレスは、しっかりと反発を感じられ、厚さが25cmととてもボリュームがある為、底付き感は心配ありません。

ここがおすすめ!

体格が良い方が使用してもヘタリにくく、身体の沈み込みが気になることはありません。

ここがイマイチ

身長が小さめの方や体重が軽い方は、S字カーブが少し崩れた大勢になりやすいので注意です。

【第3位】マニフレックス

適度な反発力3位体圧分散3位
収納性1位寝姿勢4位
寝心地4位シングル
ダブル
¥31,350
¥54,450
8日間の返金保証

第3位は、マニフレックスです。

全体にヘアホール(空気穴)を備えるマニフレックスの特徴は、単なる反発のみで体圧分散を実現するのではなく、たっぷりと含まれた空気によって体全体が均一に持ち上げられる点にあります。

身体を横たえた時に、背中・腰・お尻にかけての自然なカーブに沿って身体全体を受け止めてくれます

ここがおすすめ!

反発弾性は高く、硬さも硬めに作っている為、トッパーマットレスとして使用した場合、体重が重い方でも自然な寝返りが打ちやすくおすすめです。

ここがイマイチ

硬めに作られている為、体重が軽い方が使用した場合、マットレスに体が沈み込まず、体の突き出た部分で支えた状態となり理想的な寝姿勢にはなりにくいです。

【第2位】エアウィーヴ

適度な反発力2位体圧分散2位
収納性3位寝姿勢2位
寝心地3位シングル
ダブル
¥66,000
¥92,400
30日間の返金保証

第2位は、エアウィーヴです。

復元力の高さに特徴のあるエアウィーヴは、体重に比例して高い反発を発揮してくれる特殊な素材です。

つまり、身体を横にしたときに、腰やお尻などの体重がかかりやすい部分も均一に支えられている状態を維持しやすい点に特徴があります。

中まで水洗いできるので、寝具特有のホコリやダニを気にすることなく安心して眠ることができます。

ここがおすすめ!

反発の高さと同時に柔らかさを感じることもでき、適度に体を押し返してくれる素材のため、快眠を妨げることなく寝返りを打つ事ができます

ここがイマイチ

硬さは柔らかめに作られており、厚みも6cm程度ですので、体重が重い方が使用した場合、身体が少し沈み込み肩やコシに底付き感を感じやすいです

【第1位】モットン

適度な反発力1位体圧分散1位
収納性6位寝姿勢1位
寝心地1位シングル
ダブル
¥39,800
¥59,800
90日間の返金保証

第1位は、モットンです。

次世代高反発ウレタンフォーム「ナノスリー®」を採用しており、3種類の異なるニュートン数の中から自分の身体に合わせて硬さを選べるモットンは、理想的な寝姿勢の維持に効果的です。

適切な反発力が仰向け時に胸や腰にかかる負担を軽減し、寝返りをうった際にも身体が均等に持ち上がるため、背骨の自然なラインが維持されやすい点に特徴があります。

ここがおすすめ!

適度な反発力だけでなく、3種類の異なる硬さを展開しているマットレスなので、人それぞれの最適な硬さを選ぶ事ができ、睡眠の質を下げる不要な寝返りがなく自然な寝返りを打ちやすいので筋肉が衰え、腰や肩への負担で悩んでいる方におすすめです。

ここがイマイチ

ウレタン素材のマットレスは、温度変化により硬さ等の物性変化がある為、夏場と冬場で反発力の感じ方が少し変わる恐れがあります。

まとめ

今回は、「腰対策マットレス」のおすすめランキングをご紹介しました。
腰対策マットレスを選ぶ時に重要なのは「適度な反発力」「体圧分散」「寝姿勢」「収納性」「寝心地」の5点だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました