人気No.3マットレス|マニフレックスについて

高反発マットレス

総合ランキング3位

適度な反発力ランキング3位体圧分散ランキング3位
収納性ランキング1位寝姿勢ランキング4位
寝心地ランキング4位総合ランキング3位

適度な反発力

イタリア・マニフレックス社が独自に開発した次世代高反発フォーム「エリオセル®」を使用し、スプリングを用いずとも確かな反発力を実感できます。

表面にエアホール(空気孔)が設けられ、高反発素材でありながらも硬すぎず、かといって柔らか過ぎない絶妙な質感に定評があります。ベーシックな「エリオセル®」の他、反発の高低や質感、ボリューム感に応じた6種類の高反発フォームを展開し、使い手の好みや体型に合ったマットレス開発を実現しています。

体圧分散

全体にエアホール(空気孔)を備えるマニフレックスの特徴は、単なる反発のみで体圧分散を実現するのではなく、たっぷりと含まれた空気によって身体全体が均一に持ち上げられる点にあります。

身体を横たえたときに、背中・腰・お尻にかけての自然なカーブに沿って身体全体を受け止めてくれます。

基本となる「エリオセル®」に加えて、反発力や弾力性、柔らかさの異なる6コレクションを展開しますが、いずれも体圧分散性能に違いはありません。

寝姿勢

高反発であると同時に、空気を含むことによる柔らかさを実感できるマニフレックスは、身体の凹凸に合わせて自然に沈み込むことで、背骨のS字カーブが適切な形に維持されます。

また、就寝中に体勢を変えた際にも、身体のラインに沿って素材がなじむので、違和感で起きてしまうこともないでしょう。

高反発マットレスの中には、反発が高すぎるために、横になったときに身体のS字カーブが維持されず、寝姿勢が崩れてしまうものがありますが、マニフレックスについてはこうした心配は無用です。

収納性

コンパクトに折りたたんで収納したいのであれば、厚さの抑えられたコレクションがお勧めです。

例えば、「イタリアンフトンII」は一般的な布団にように3つ折りにして収納可能ですし、「メッシュウィング」のように折りたたんで持ち運びしやすいキャリーハンドル付のものもあります。

一方、厚みのある「フラッグ・FX」や「マニ・スポーツ」は折りたたむことができないので、使わないときには壁に立てかけて通気させておくようにします。

寝心地

寝心地についても、マニフレックスのどのコレクションを選ぶかによって大きく変わるポイントです。

ベーシックタイプとなるエリオセル®のウレタンフォームを用いたマットレスは比較的万人受けしますが、よりソフトな寝心地を求めるのであればエリオセル・ソフト®やエリオセル・マインドフォーム®、硬めを好む方であればエリオセル・ハード®など、それぞれのフォームの特性に注目して、理想の寝心地を追求すると失敗が少ないでしょう。

口コミ

良い口コミ

体重がある為、たいていのマットレスが身体に合いませんでしたが、170Nのコレクションのあるマニフレックスで初めて快眠できました。

度な弾力性と柔らかさがあり、とにかく寝心地が良いです。そして、長年の悩みだった腰への負担がいつの間にか気にならなくなっていました。

寝心地の好みに応じて数種類の素材が展開されているので、自分の身体や好みに合ったマットレスに必ず出会えます。

寝返りがしやすく、朝まで快適に眠れます。空気を多く含むマットレスということで、他社のマットレスよりもふんわりした感じが心地良いです。

「イタリアンフトンⅡ」を愛用中ですが、普通の布団のようにコンパクトに収納できます。しかしながら、寝心地は通常の布団よりもはるかに良いです。

悪い口コミ

私にとっては反発が高すぎて、リラックスして眠れませんでした。調べてみるといくつか種類があるようで、よく調べなかった自分が悪いのですが・・・。

比較的ボリュームのある「フラッグ・FX」を奮発して購入しましたが、重くて移動が難しく、お手入れできずにいます。

マニフレックスはコレクションがいくつもあるのですが、良いものを選ぼうとするとかなり高額になってしまいますね。

シングルセミダブルダブル送料反発弾性
34,485円(税込)47,190円(税込)59,895(税込)無料高反発

コメント

タイトルとURLをコピーしました