自分史上最高の眠りが実現!和雲を使ってみた感想

布団

睡眠は日々の健康や美容、学習能力や仕事効率に関係するだけに、誰もが気にしている点ですよね。

質の良い睡眠をとるためには、自分に合った寝具探しがとても重要になってくると思います。

今回、紹介する「和雲」は純日本製高級羽毛掛け布団で、30年以上も使える商品です。

高級な布団といえば、羽毛布団ですが、さらにその上をいく高級羽毛布団とは?本物志向の方におすすめの【和雲の特徴や安心制度について紹介します。

関連:腰痛持ち方向けマットレスランキング

和雲の特徴

和雲の特徴を解説する前に、羽毛布団と羽根布団の違いはご存知でしょうか?

羽毛布団と羽根布団の違い

ダウンが50%以上:羽毛布団
ダウンが50%未満:羽根布団(50%以上がフェザー)

店頭や通販の低価格な羽毛布団は羽根布団が一般的です。

羽毛よりも芯が固い水鳥の羽根(フェザー)を中綿としているものを羽根布団と呼ぶ。この羽根布団は、一般的に羽毛布団よりも保温性でかなり劣る。しかしながら、羽毛と異なり、羽根は大量に採取可能なため、流通する布団の中でもこの羽根布団に限り、価格面で低価格化が進んでいる。最近では、この羽根布団をセットにした格安の布団セットが、布団の通販で多く見かけるようになった。

・参照元:ウィキペディア

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%83%E5%9B%A3#%E7%BE%BD%E6%AF%9B%E5%B8%83%E5%9B%A3

低価格な量産羽根布団と、高級羽毛布団では、「保温性」が全く違います。

現在使っている羽毛布団の中から上図のようなフェザーの根っこが出ていることはありませんか?

フェザーの割合が高く、海外製の場合は繊維が雑なので、飛び出してしまうことが多々あります。

もし、寝ている赤ちゃんや子供の目などの傷つけたらって考えると恐ろしいですよね

和雲では羽毛の精製や洗浄、縫製を全て国内で完結する徹底をしています。

うちにある布団は5万円くらいしたから羽毛布団なんだね!

いやいや!金額で騙されてはいけません!

布団業界の闇!?

羽毛布団は中身が確認できないので、産地偽装問題のような品質表示を偽装して販売する問題が数多く報告されているんです。

結果的に熟睡に繋がらない偽物を購入してしまうケースが多くみられます。

ええ?!そしたら何を信じればいいの…

安心して!本物を見極める為の「証拠」が存在しているの!

物の羽毛布団の証拠とは?

ゴールドラベルという国際羽毛協会(IDFB)に登録された試験機関で試験、日本羽毛製品協同組合が定める基準に合格した羽毛布団にのみ発行されるので、見極めポイントの一つとして良いですね。

ニューゴールドラベル

ニューゴールドラベルは、ゴールドラベルの中でも一番下のランクです。品質としては高いというより、お手頃でお求めやすい、商品が多く見られます。ダウンパワーは300cm3/gとなり、必要最低限といった感じです。長く使う予定がないのなら、この品質でも十分な羽毛と言えます。

エクセルゴールドラベル

上から見て、3番目のランクのエクセルゴールドラベル。品質も値段もそれなり。ダウンパワーは350cm3/gで、まあまあなボリューム。普段使いには差し支えなく、使う地域によっては良好なレベルと言えます。

ロイヤルゴールドラベル

上から数えて2番目のロイヤルゴールドラベル。品質も申し分ないものが多く、誰に出しても恥ずかしくないといったレベルの羽毛です。ダウンパワーは400cm3/gを記録し、ボリューム感も抜群。これなら寒い地域でもその実力を十分に発揮してくれるといえます。

プレミアムゴールドラベル

ゴールドラベルの中で、堂々の最高ランク。プレミアムゴールドラベルは440cm3/g以上のダウンパワーを誇り、圧倒的な暖かさがあります。商品も最高品質クラスのものが多く、これ以上の羽毛は中々見つからないほど。お値段以上の商品であることはほぼ間違いありませんが、価格が高めの商品が多くなってしまうのが玉に瑕といったところでしょうか。

「和雲」は最高級ラベルのプレミアムゴールドラベルであり、本物の最高級品です。

羽毛布団の選び方について知れて良かった…!ありがとう!

羽毛布団の寿命

通常、羽毛布団は吸湿性と放湿性の両方に優れているので、正しい使い方のポイントを押さえることで、5年〜10年以上長持ちすると言われています。

和雲の場合、成熟した羽毛のみを使用しているので、30年以上は利用できると言われています。

関連:羽毛布団の手入れ方法について

プレミアムモデルとスタンダードモデルの違い

公式HP上では少しややこしく表記されているので、分かりやすく解説します。

サイズは全5種類(S,SD,W,Q,K)あります。

合掛けや本掛けの季節に合わせた3種類(春秋用、夏用、冬用)

これらそれぞれにプレミアムモデルとスタンダードモデルがあります。

プレミアムモデル

これ以上無いってくらいに最高級な羽毛布団です。

堂々のプレミアムゴールドラベル商品です。

ポーランド産マザーグース95%
ダウンパワー440dp

スタンダードモデル

プレミアムモデルと比較すると少しダウンパワーが落ちますが、それでもロイヤルゴールドラベルクラスの商品となります。

スペイン産ホワイトダック93%
ダウンパワー400dp

料金について

公式HPに詳しく書かれていますが、参考までに紹介します。

●一例

「和雲」プレミアムモデル

シングルサイズの価格

肌掛布団    ¥68,000
合い掛け布団  ¥148,000
本掛け布団   ¥198000

ダブルサイズの価格

肌掛布団    ¥88,000
合い掛け布団  ¥178,000
本掛け布団   ¥248,000

公式サイトはこちら>>>

驚異のお試し期間

販売店舗に行って試す場合は、実際に寝転んでみたり座ってみたりで試せるのは数分です。

それに、普段の寝室やマットレスと違い、パジャマでもありません。

本当に安心して購入するためには、いつもの寝室でいつものパジャマで何日も確かめる必要があります。

「和雲」は60日間のトライアル制度が最大の特徴です。

楽天やAmazonでの注文の場合、お試し期間が無く、使用するまでは一か八かという事もあります。

実際に使ってみた個人的な感想

これまでは2万円前後のなんちゃって羽毛布団を使っていましたが、結婚するに際して良質な睡眠が取れないと思い、「羽毛布団 熟睡」で検索した結果、出てきたのが「和雲」でした。

6万円くらいで済めばいいかなあと軽い考えだったのですが、20万円とびっくり。

でも、調べていくうちに和雲は30年以上も保つということは1日18円程度と分かりダブルのプレミアムを購入。

実際に寝てみて衝撃でした。

これまで使っていた羽毛布団とは違い、軽いし温かい!

入眠までに時間がかかる日だと、布団の中が蒸れるので足で布団を蹴って空気を入れてましたがその必要は一切ありません。

羽毛布団特有の獣臭さはありませんので、もしも睡眠の質を気にする方であれば一度試してみる商品だと感じました。

まとめ

和雲について紹介してきましたが、伝わったでしょうか?

人生の3分の1は寝ているものです。

その睡眠を質の良いものに変えるだけで仕事の効率が上がったり翌日の寝起きがよく感じたりすると思います。

60日間の返金保証があるので、気軽にお試しいただき喜びを共感できればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました